スポンサーサイト

  • 2017.12.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    大野山 子連れハイキング

    • 2015.05.20 Wednesday
    • 12:59

    行った日 2015年5月17日

    親子3人(娘3歳)


    車でほぼ頂上まで行ける大野山ハイキングに行った。子連れでもここなら安心だ。牛がいるということで、会えることも期待しつつ。駐車場は頂上にもあるが、少し下のまきば館というビジターセンターのところにもあるので、そちらに停めた(こちらが先に現れたのでとっさに停めてしまっただけ)。

    これが大野山案内図だ!

    上の方にゲートがあり、開扉時間が

    5月〜9月 6:00〜19:00

    10月〜4月 6:00〜18:00

    となっているので注意が必要だ。



    まきば館からこのようにいい感じで草が生えた(5月中旬だからか)階段を登る。なんと牧歌的な風景なのだろう。



    木苺を見つけたが、怖いから食べない。



    きれいな弧を描く、いわゆる「お山」という印象のお山、それが大野山だと思う。



    すぐに頂上についてしまう。とても疲れたフリをしてみた。




    全然疲れてないけど、いきなりランチ。今回はカレー。



    北に丹沢湖が見える。



    祠に無事をお祈りして、ハイキングに出発!西に向かって歩く。途中、牛を仕切るための金網があったりして、さすが放牧の山。ちなみにまだこの時点で牛は一匹も見ていない。


    iPhoneImage.png


    ぐねぐねと下ったら、こんな看板が。猟銃にご注意と言われても困る。猟銃を撃つ方が注意してほしいものだ。マトリックスの登場人物ではないので、弾丸はよけられないス。





    ふか沢という名のお蕎麦屋さんに到達。なんか高そうな車も停まっていたから有名な蕎麦屋なのか。外観からして名店ぽい。





    突然、鹿園が現れる。まだ牛とも会ってないのに、先に鹿に会っちゃった。この時こどもはおんぶで寝てたから鹿とは会えなかった。残念ー。



    ちょっと下から見た感じもいい。いい形のお山だ。大野山は。



    ルートの写真。私たちは頂上から左端の点線になっているハイキングコースを下ってきて、中央左下の現在地に至った。これからうねうねした車道を登って頂上に戻る。あと少し。いやまだまだか。


    だいぶ登り、あと少しのところでお風呂があった。確かに絶景で、こんな場所でお風呂に入れたら素敵だ!見た所水道もついている。置いた人の気持ちは分かる。だが、登山客の視線にさらされながらは、、、ちょっと無理。というかこれはもしかしたら牛に使うものかもしれない。


    そして再びまきば館に つくと、運良くそこの職員らしきおじさんがいて、牛を見せてくれることになった。


    牛だ。放牧されていないと思ったら牛舎にいたのだった。牛を見ながらおじさんからいろいろな話を聞いて、その時はなるほど〜、とか言ってたんだが、全部忘れてしまった。。


    私は触ってみたが、3歳のこどもは怖がって触ろうとしなかった。親切なおじさん、ありがとう。


    帰りは山北駅近くのさくら湯というところでひと風呂浴びで帰宅。さくら湯では最初にチケットを買ったら、最後チケットを返さなければならないので注意!チケットをなくしたおばさんが職員と揉めてたよ!

    スポンサーサイト

    • 2017.12.25 Monday
    • 12:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      広告

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM